スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェー旅行記8 

朝には 気温が 氷点下になって来ました。

寒いです! 


昨日 

そんな 寒い中 朝の ゲネプロに向かう 途中に

倒れている おばあさんがいました。


転んだ ショックで 動けないらしく

話しかけても ぶつぶつ変なことを 言っているだけで

とりあえず 人通りも無いし 寒いし 助けなきゃと思ったんですが


起き上がらせようとしたものの 

その おばあさんが 100キロ級で 予想以上の重さに

私がよろけて 転がり おばあさんに 上から潰されるという 結果になりました。


でも その転んだ時に

私が ワァァーーー!と デカイ声出したのが 良かったのか

おばあさんの 意識が ちょっと ハッっと 普通になった感じで 

半分以上 自分の力で 頑張ってくれて

少し 支えつつ 転がってた 杖を 持たせたら

普通に 立ち上がってくれたので 良かったです。


どうやら 朝の タバコを 吸いに 外に出て来たら 

転んでしまったようで

『 もう タバコなんて やめる!! 』って 言ってました。笑


夜に コンサート本番だったので 

転がった時に  手を少し擦りむいたけど 

それ以上の 変な怪我しなくて良かったー!! 


って 後から思いました。。。




それで 今回 気づいたんですが

災害時などは あまりに 体の重い人は 救助に 手間取って

生存率下がるんじゃないかな、、って思いました。


たとえば うちの 祖母なんかは 小さくて

体重33キロくらいしか ないんですが

それだったら 私でも 余裕で おんぶして運べると思います。


でも 100キロだったら そうはいかない。

プロのレスキュー隊員だったら 2人くらいで 運べると思うけど

助けたくても 一般人では 100キロは なかなか 無理そう。


イザと言う時の為にも 日頃の健康の為にも

スリムな 体でいたほうが 良さそうですね!


と言う訳で ベルゲンの世界遺産を 紹介します。

もう一度 正面から どうぞ↓

_DSC6366.jpg

ブリッゲン地区

三角屋根が 可愛いですね。


昔 

ハンザ商人の 事務所・商館・宿泊地として使われていた 場所です。

名産品の 干だらを 取引していました。


表は とっても 可愛らしく 中は

_DSC6379.jpg

こんな感じ

_DSC6380.jpg

こんな。。。


_DSC6375.jpg

こんな感じ! 壊れそう!!

色々 歪んでるし 床は ギシギシ言うし

凄い…… なんていうか…

趣きがありました。ええ。 笑


地震あったら ダメだろうなー。。。

_DSC6376.jpg

本当に 一角だけで 規模は小さめですが

タイムスリップ感が 面白かったです!

パイレーツオブカリビアンに 出て来そう!!


ここで 海の男たちが 商売してたのかぁ〜

って 色々 想像して 楽しかったです。


昔は 倉庫だったりした場所が 

お土産屋さんや レストラン ミュージアムショップになっています。


これ見て下さい。↓

_DSC6382.jpg

階段が もの凄く 斜め!! 

クリスマスショップなんですが 

中も 色々と 斜めで 平衡感覚がやられました。

よく この状態で 建ってるよね。。。すごい!


この日の夜は ブリッゲン地区の レストランで食事。

_DSC6394_2.jpg

大好きな ムール貝と 


_DSC6396.jpg

名物の 干だらの煮込みを 食べました。

美味しかったー!!!

私は 干だら 大好きみたいです。 


金沢の お正月料理の 棒鱈も だーーーい好きなので

私は 基本的に 干したタラ的な 食べ物が 好きなのかも知れません。


ベルゲンの街並は 世界遺産地区 以外も とっても 可愛くて

お散歩していて 飽きませんでした。


_DSC6390.jpg

可愛い!

_DSC6391.jpg

坂道には ロマンが詰まってる!


そんなこんなで ベルゲンの街を 楽しんだ後は

ベルゲン鉄道の 夜行電車で オスロまで 戻りました。

それも 凄く良くって!


白夜で 真っ暗には あんまり ならないので 

薄暗い中、 勢い良く流れる 川の側を 電車が走るんです。


昼間に見た 景色とはまた 違って 

ちょっぴり怖い 夜の川

ゾクゾクして 妙に 興奮しました。笑

あーーー また 乗りたいなーー!!!



つづく。


応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

ベルゲンの町並みは表側からの写真しか見た事がありませんでしたが、裏側はこんなになっているのですか!びっくりしましたが、微かな記憶が甦ってきました。以前アラスカの小さな港町へ行った時に見た建物がこんな感じでした。どこでも似た感じになるのですね。とても興味が湧いて来て、俄然ベルゲンへ行きたくなりました。ベルゲン鉄道もぜひ乗ってみたいです。
話は変わりますが、おばあさん救出記、大変でしたね。そちらの人はお相撲さんなみの人が多いから、どうぞお気をつけて下さいね。お二人ともご無事で本当に良かったです。では又。楽しいお話を楽しみにしております。

Re: タイトルなし

baako さま

表からと中では表情が違ってとても面白かったです。建物の古さや、つぎはぎ感も歴史を感じて興味深かったです!アラスカに行かれたなんて凄いですね〜!想像つきません!

ベルゲン鉄道は本当にオススメです。今までいろんな所で鉄道に乗りましたが、一番好きです!予約できるならオスロ発の左側の座席の方が良い景色が見られると思います。私は残念ながら右でしたが。。。

ところで、本当におばあさんは大変でした。体重が凄くてあんなに重いと、きっと本人もシンドイだろうなぁ、、って思いました。これから本格的に寒くなると外でこけて気づかれないまま凍死、、、なんてこともあり得そうなので気をつけて欲しいと思います!><
  • [2016/10/08 21:29]
  • URL |
  • すーぱーふみふみ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ふみちゃん久し振り☆
今グリーグにはまってて、そういえばふみちゃんがベルゲンについて書いてたじゃない!と、改めて覗きに来ました(笑)

助けた際に大怪我にならなくて良かった。。気を付けてね‼

Re: タイトルなし

ともみちゃん

久しぶり!コメントありがとう〜!
そうそう、ベルゲンってグリーグの家があるんだよねー!時間なくっていけなかったんだけどね。。笑
でも、本当に良いところだったよ!

そうそう、おばあさん大変だったよー。筋肉もっとつけなきゃって思っちゃった!
  • [2016/10/10 20:38]
  • URL |
  • すーぱーふみふみ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://superfumifumi.blog62.fc2.com/tb.php/1318-2249a5f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。