スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ旅行記9 

カフェランチのあと

あさぎは 練習と 夜の準備のため 帰宅。


私は あさぎの恩師 平野先生と 待ち合わせ。


一緒に向かった先は オランジュリー美術館!

2010-8 019

はい。 私が見たかったのは この モネの 『 睡蓮 』です。


2010-8 015

私は 自然が好きで 自然を写した 写真も大好きで

本物の 自然の美しさには 何も敵うものは無いと 思ってきたのですが

2010-8 016


モネの 睡蓮は 本物よりも 素敵で感動的でした。

単純に 色を ほわほわと重ねているような 画の中に


物凄く 深い物語を 読んでいるような気分になりました。


2010-8 017


ぐーーーーっと 惹きつけられて

なかなか 外に出ることができませんでした。


2010-8 020

前日に ジヴェルニーの モネの家へ 行き

実際に モネの暮らした部屋や 池を見て来てから 


この 絵画を見て 良かったと思います。

2010-8 021

もちろん モネさんと話ができたわけでは ありませんが

なんとなく どういう画家が描いた絵なのか という理解が深まった気がして。。


これから 『 好きな画家は? 』と たずねられたら 『 モネ 』と 答えるだろうな。


超単純!! でも それくらい 好きになりました。



そして モネにグイグイと 後ろ髪を引かれながら 

次に向かった先は こちら

2010-8 024

ポンピドゥー近代美術館!

建物が凄い。。。


2010-8 025

前の広場では 大道芸人が 大活躍。

なんといっても まず この建物が おもしろい。


エスカレーターで 最上階まで上ると この景色!

2010-8 026

ちょっと曇ってますが。


2010-8 027

向こうに見えるのは モンマルトルの丘。 …のはず。

2010-8 029

中には 不思議レストランが。 


美術品の写真は 撮っていませんが

中は かなーーーーーり 広くて 


ありとあらゆる ジャンルの作品が ひしめき合っていました。


私は 現代アートもかなり好きです。


今回は 時間もそんなに無かったので 急いで見ましたが


全部じっくり見ていたら 3日くらいかかるかも。


面白かった!


ちなみに、あさぎが住んでいる 芸術家専用アパートの住人は 

無料で 主要な美術館に入ることができます。 


さすが、 芸術の都パリ!!

私だったら 毎日通ってしまうかもね。


その後は あさぎの家で お部屋パーティ。

フランス語では フェットというのかな?


沢山の人が集まって たくさん飲んで食べて 

最後の夜も とっても楽しかったです。


P1030008.jpg

大学の同級生4人。


同級生たちが 海外で頑張ってる姿をみると 

私も やる気が出ます。


沢山の素敵なものに出会い 楽しい再会あり 新しい出会いもあり

とても 良い時間を過ごすことのできた パリ旅行でした。



終わり

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


という訳で やっとこさ 8月始めに行ったパリの 旅行記完了。

明日からは ドイツ演奏旅行です!!



フィンランドに戻ってくるのは 11月1日。

もう11月って…! なんだか 衝撃的。。。 


次に更新できるのは その後です。


ではでは、皆様 行ってきます~!!




人気ブログランキングへ←応援クリック お願いします!


スポンサーサイト

パリ旅行記8 

最終日の4日目

この日は あさぎと 朝9時から待ち合わせ。


目的は カタコンブ です。  


カタコンブとは なにやら 良いダシが取れそうな 名前ですが


実は 無縁仏の地下墓地なのです。


600万体の 無縁仏の骸骨を なんと100年かけて パリ市内の共同墓地から


この 地下20メートルに移動させたそうです。



墓地の入り口は このように

P1020963.jpg
素敵な公園風。



注・以下、本物の骸骨の写真が出てきます。 苦手な方は進まないでください。



でも 地下へ続く 螺旋階段を下ると 途端に雰囲気は変わります。

地下道の恐ろしいこと!! 地面も イヤーな感じに 濡れてるし。


2010-8 003

時折 謎のオブジェが。


そして ドキドキしながら 進むと、やってきましたよ。


骸骨の山が!!

2010-8 004

写真はあさぎ。 骸骨を見たショックで 思わずこんな顔に…


とにかく 骨骨ホネの山!!


P1020972.jpg

これは 頭蓋骨をハート型に並べてあるもの。


通路の壁が 骸骨なのです。


でも 最初こそは 怖がっていたものの

あまりにも ホネホネが続くもので だんだん慣れてきました。

P1020973.jpg

笑顔の頭蓋骨。 というわけで

P1020974.jpg

笑顔対決! なかなか良い勝負ですな!!


P1020983.jpg

骸骨を 壷状に並べてある。


この骸骨通路は 800メートルほど続きます。


P1020979.jpg

なんだか インディジョーンズみたい!! と楽しくなってきたところで


地上へ戻らねば なりませんでした。


出口では 手荷物検査があります。


ホネを盗み出してないか チェックするためです。


実際 こっそり持って行こうとする人が いるらしいです。


な、なぜ~??


沢山 歩いて疲れたので この後は

P1020988.jpg

ノートルダム大聖堂の見える カフェでランチ。



骨は十分満喫したので


私が オーダーしたのは 肉!!!

牛のタルタルです。 生肉です!!


私は生肉が大好きなので 絶対 食べようと思っていたのです。

美味しかったです~

2010-8 008

あさちゃんは クロックムッシュー。 ホットサンドウィッチのような物です。


なんというカフェか 忘れましたが 

場所が良いのに 値段もそんな高くなく 

スタイリッシュなウェイターの お兄さんたちが テキパキと働いていて


とても良いところでした。


しかも 食後のカフェは 何故かお兄さんのおごり! ラッキー!


お会計するのが 面倒くさかったのかな?


続く。


人気ブログランキングへ←応援クリック お願いします!




パリ旅行記7 

学校とお仕事があると なかなか 忙しいですね。

おかげ様で(?) パリ旅行記が 進みません!!


という訳で 今週末で チャチャチャと終わらせましょう。

来週からは ドイツに行って 2週間は更新できませんからね。。


さてさて 


パリ旅行の3日目は 朝から ゆいっぱーと 電車で遠出。

2010-8 090

ノルマンディー地方の ジヴェルニーという場所へ行ってきました。


ここは 有名な画家の モネが 晩年を過ごした村。

そのモネの家へ 行ってきました。


2010-8 089

こちらが モネの家。 


中は撮影禁止なので 写真はありません。

一番 興味深かったのは 壁一面に飾られた


浮世絵のコレクションですね。


部屋も様々な 色調で かわいらしく

特に ダイニングルームと キッチンが良かったです。


そして なんといっても 庭。



沢山の 名前の知らない(私が花オンチだから) 花々が 咲き乱れています!

2010-8 092
こんなのや

2010-8 094
あんなのや

2010-8 095
そんなのや


そして 歩いていくと 

2010-8 099

竹林があり


じゃじゃん。 

2010-8 104

モネが作った 睡蓮の池です。

柳の木(…たぶん)が 風に揺れる様が 美しい。


2010-8 109

池の反対側から。

モネは ここで 『睡蓮』という連作を 生み出しました。


モネは ジヴェルニーの自然に 魅せられたようですが

確かに、素敵な場所でした。


豪華なパリの街も素敵だけど 自然あふれる地方も フランスの魅力ですね。


2010-8 101

帰りのバスで 出会った子供。



さてさて この日は その後 パリに戻り


マカロンを 12個購入。

2010-8 091

食べ比べを 実施しました。


ゆいっぱーに 『 マカロンってそんな ムシャムシャ食べるもんちゃうでー 』と

突っ込まれながら


ラ・デゥレと サダハル・アオキと ピエール・エルメを

食べ比べた結果。


私の判断では ピエール・エルメが 一番美味しかったです!

一番値段も高かったですが!! オススメ!!

2010-8 100

こちらは サダハル・アオキの スイーツたち。。

まるで 宝石ですな。


その後 プランタンだか ラファイエットだかのデパートの

食品館を うろついたのですが


あまりに 豊富な品揃え、 高級感溢れる感じ、 美味しそうすぎる感じ、

フィンランドから来た人間には 刺激が強すぎて 卒倒寸前でした。


よって、写真はありません。

パリはやっぱり 食の王国ですな。食品館に住みたい!!



この日 他に 道中食べたもの。

2010-8 107

パン・オ・ショコラ

2010-8 110

杏のフラン。



でも まだまだ食べ足り無い~!


続く。


人気ブログランキングへ←応援クリック お願いします!




ドイツ演奏旅行の詳細 

パリ旅行記の 途中ですが 

ヘルシンキフィルハーモニー管弦楽団のドイツツアーの 予定が出たので


ここに お知らせしてみます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月18日 ma

16.20 - 17.50 Helsinki - München AY 807

bussit München - Nürnberg (170 km)
Hotel InterCity Nürnberg  ニュルンベルク着



10月19日 ti

20.00 Konsertti / Nünrnberg - Meistersingerhalle

コンサート in ニュルンベルク

Sibelius: Viulukonsertto
Bruckner: Sinfonia 7



10月20日 ke

bussit Nürnberg - Stuttgart (200 km) 
Hotel Maritim Stuttgart

20.00 Konsertti / Stuttgart - Liederhalle

コンサート in シュットゥットゥガルト

Elgar: Sellokonsertto
Bruckner: Sinfonia 7
  


10月21日 to

bussit Stuttgart - Freiburg (200 km)
Hotel InterCity Freiburg (21. - 23.10.)


20.00 Konsertti / Freiburg - Konzerthaus


コンサート in フライブルク

Schumann Genoveva
Elgar: Sellokonsertto
Beethoven: Sinfonia 5



10月22日 pe

vapaa / Freiburg

フリー in フライブルク


10月23日 la

bussit Freiburg - Tuttlingen (95 km)
Hotel Schlack & Hotel Stadt Tuttlingen (23. - 25.20)

20.00 Konsertti / Tuttlingen - Tuttlinger Hallen


コンサート in トゥットゥリンゲン (どこ?)


Schumann Genoveva
Elgar: Sellokonsertto
Beethoven: Sinfonia 5



10月24日 su

bussit Tutlingen - Friedrichshafen (75km)

20.00 Konsertti / Friedrichshafen - Graf-Zeppelin-Haus


コンサート in フリードリヒシャーフェン(どこ?)


Elgar: Sellokonsertto
Bruckner: Sinfonia 7


Bussit takasin Tuttlingeniin (75km)

バスで トゥットゥリンゲンに戻る



10月25日 ma

juna
10:33 - 12:02 Tuttlingen - Stuttgart
12:51 - 14:08 Stuttgart - Frankfurt
Hotel NH Frankfurt

20.00 Konsertti / Frankfurt a/M - Alte Oper


コンサート in フランクフルト!!! 

Schumann Genoveva
Elgar: Sellokonsertto
Sibelius: Sinfonia 5



10月26日 ti

juna
12:58 - 15:17 Frankfurt - Hannover
Hotel Dormero Hannover


20.00 Konsertti / Hannover - Kuppelsaal

コンサート in ハノーファー


Schumann Genoveva
Elgar: Sellokonsertto
Sibelius: Sinfonia 5



10月27日 ke

bussit Hannover - Brühl (300 km)
Hotel Ling Bao Brühl (27. - 29.10.)

bussit Brühl - Köln (25 km)


20.00 Konsertti / Köln - Philharmonie


コンサート in ケルン

Schumann Genoveva
Elgar: Sellokonsertto
Sibelius: Sinfonia 5

bussit takaisin Brühliin

バスで ブリュール へ戻る


10月28日 to

vapaa - Brühl

フリー in ブリュール (どこ?)


10月29日 pe

bussit Brühl - Dortmund (120 km)
Hotel Steigenberger Dortmund (29.10. - 1.11.)

bussit Dortmund - Düsseldorf (80 km)

20.00 Konsertti / Düsseldorf - Tonhalle

コンサート in デュッセルドルフ


Elgar: Sellokonsertto
Bruckner: Sinfonia 7

bussit takaisin Dortmundiin

バスで ドルトムントに戻る


10月30日 la

bussit Dortmund - Bielefeld (115 km)

20.00 Konsertti / Bielefeld - Rudolf-Oetker-Halle

コンサート in ビーレフェルト(どこ?)


Schumann Genoveva
Elgar: Sellokonsertto
Beethoven: Sinfonia 5


bussit takaisin Dortmundiin


バスで ドルトムントに戻る


10月31日 su

harjoitus
16.00 Konsertti / Dortmund - Konzerthaus

コンサート in ドルトムント


Schumann Genoveva
Elgar: Sellokonsertto
Sibelius: Sinfonia 5



11月1日 ma

bussit Dortmund - Düsseldorf

11:45 - 15:10 Düsseldorf - Helsinki AY 704


ヘルシンキ戻る。

..........................................................................


という感じで 2週間で 11回(?)コンサートがあるようです。


お近くに お住まいの方は 是非 聴きにいらしてください。


やはり シベリウスを演奏する日は オススメですね。


明日から リハーサルが始まります。


ちょっと ドキドキしますが 楽しめたら良いです!!



人気ブログランキングへ←応援クリック お願いします!





パリ旅行記6 

パリは 大学2年生の時 (何年前?)にも 訪れたことがあるのですが


その時も 妙に気に入ったのが モンマルトル。


芸術家の集まる 場所だから 惹かれるのかなぁ?


広場の雰囲気は 以前来たときとは 少し変わってました。

2010-7 166

少し雨模様でも 物凄い数の 観光客!

2010-7 175

とっても素敵な 雰囲気のレストラン


道行く人の 多くが クレープを食べているので 私も!


2010-7 168

私のクレープ!! 

ヌテッラ多めで お願いします! という 注文に苦笑いの店員さん。


熱々で ヌテッラがとろーり 美味しいクレープを食べながら ぶらぶら。


しかし クレープをほお張っている 最中から 他の店の ウィンドウが気になる。

2010-7 171

美味しそうだなー……


2010-7 176

ここでは 好きな絵の ポストカードを 2枚購入。


そして なんとモンマルトルでも 花嫁さん発見。

2010-8 073

ドレスの裾に 問題があるようです。


この後は もう一人の 芸大時代の同級生 ゆいっぱーと合流。


2010-8 075

赤が似合う ゆいっぱー IN おとぎの国のような お菓子屋さん


ゆいっぱーもこれまた 凄い人で 


芸大は 作曲家出身。 その後 パリ音楽院の 伴奏科で勉強しています。

あれ、もう卒業したのかな。


どちらにしろ ピアノを専門でやっていなかったのに パリ音の伴奏科に入るのは

物凄いことだと思います。


しかも 元作曲だし 頭が半端なく 良いんだろう。

ちなみに 日本ではドラマ音楽製作の バイトとかもしてたらしい。


ゆいっぱーとは 街を少し歩いた後


私の希望でアメリのカフェへ!


2010-8 082

じゃーん!

2010-8 083

アメリ! 大好きな映画です。


2010-8 085

ここにアメリが……


ここで ゆいっぱーと お茶ならぬ おジュースした後



あさぎ家へ移動。


何故か、


あさぎの芸大時代の 恩師である 

世界的サックス奏者 平野公崇先生


手作りの夕飯を お腹いっぱい ご馳走になったのでした。


P1020959.jpg
先生、マーボー豆腐美味しかったです。 



続く。


人気ブログランキングへ←応援クリック お願いします!


パリ旅行記5 

今週から ヘルシンキフィルでの お仕事です。

今日は 子供の為のコンサートで 

朝の公開リハーサルと 夕方と夜の 2回本番でした。


ヘルシンキフィルが 招待したヘルシンキ市内の 小学生が集まって

合計で 3000人ほどになったそうです。


ヘルシンキって そんなに子供がいたんですね!!!



さてさて パリ旅行記の続き。


2日目は 朝は友人宅を借りて 少し練習。

やっぱり 旅行中も 練習をしたくなるのは 音大生の悲しい性ですな~。


お昼からは 一人で シャンゼリゼ通りに ご飯を食べに。

本当は ガイドブックに載っていた カフェのテラスで優雅にランチ! 


なんて思ってたんですが、 あまりの 値段の高さに あっさり断念。

2010-7 129


そして 適当に パン屋さんに入って サンドウィッチとカヌレを買って

シャンゼリゼ通りに面した ベンチで食べたのでした。


その後は やはり凱旋門にご挨拶。

2010-7 136

なんと 日本人の 新婚さんが記念撮影をしていました!!


物凄い数の 観光客に 物珍しげに見られたり 写真取られたりして

ちょっと 恥ずかしそうにしていましたが。笑 


でも良い思い出になるでしょうね! 

ドレスもかなり お洒落で素敵ですね~。。


その後は 

ちゃんと地図を 見ながら 凱旋門から エッフェル塔まで歩くことに。

といっても 殆ど 道は一直線なんですけどね!


はい。

2010-7 143

こんにちは!! エッフェル塔です。


2010-7 148

メリーゴーランドと エッフェル塔。


この日は お散歩デーに 決めていたので

その後は モンマルトルに移動。

2010-7 150

お洒落な メトロの駅と またまたメリーゴーランド。


2010-7 164

心臓破りの 階段を上って たどり着くのは。。。


2010-7 154
サクレ・クール聖堂です!

これは 40年の歳月を費やして 1919年に完成しました。

比較的 新しいですかね…?


サクレ・クール聖堂の中は 撮影禁止なので 写真はありませんが

雰囲気が とても良かったです。


静かで熱い 感動を覚えました。 ここは 絶対見るべきですね。


そして 外に出ると この景色。

2010-7 158

パリ中が見渡せます。 観光シーズンだったので 人が溢れかえってますね~。


では これから モンマルトルの丘の お散歩に出発。


2010-7 165

あ、エッフェル塔!!



続く。



人気ブログランキングへ←応援クリック お願いします!

パリ旅行記4 

ノートルダム大聖堂を 見た後は


セーヌ川沿いや サン・ルイ島を フラフラとお散歩。

2010-7 085

左に見える建物は 

マリーアントワネットが収容されていた コンシェルジュリーです。


お城みたいですが 監獄だったんですねー。


それも おフランスっぽい気もしますが…

2010-7 086


私は 地図を読むのが 少し苦手なので 


一人旅の場合、 よく 適当に歩き回ります。

地図は 読めませんが 自分で歩いた道は 一度で覚えるので


もし 迷いそうになったら 来た道を戻れば 大丈夫です。



その上 当てずっぽうに 好きな道を歩いているだけなのに 

突然 目的地に たどり着いたりすることも 頻繁にあります。


不思議です。



そんな感じで この日も 『 ここはどこだ~。 』と 歩いているうちに

2010-7 030

いきなり あさぎちゃん家の 目の前の メトロ駅に到着。


そんなわけで 暑い中 飲まず食わずで 歩き回って 干からびかけていたので

あさぎ宅で 水とアイスで 水分補給。

2010-7 121

あさちゃん 練習中。


その後 私もちょびっと 練習させてもらって ( 楽器持って行ってた。。)


休憩の後は 待っていました! 夜ご飯です!


この日は 夢にまで見た ムール貝!!

じゃーーん!!

2010-7 122

ムール貝 大好きです。 

日本にいた頃は あまり興味がありませんでしたが 


このムール貝の鍋(ワイン蒸し?) は最高に 美味しいです。

あさちゃんは 

2010-7 124


ムール貝 ピザ風。。?


たっぷりのチーズと トマト、バジルとニンニクのソースが これまた めちゃうまです。


蘇る~!! また、食べたいです。



こうして ムール貝で 胃をパンパンにして 

楽しい夜は 更けていったのでした。。。



続く。


人気ブログランキングへ←応援クリック お願いします!

パリ旅行記3 

お久しぶりです。

先週末から ヘルシンキにいます。 


本当はもっと早く 更新したかったのですが 


またまた パソコンが壊れたのですよ…。 何度目かは もう数えていません。


さてさて 書けるときに パリの旅行記を書かなければ!と 言うわけで


もう 2ヶ月前の話になりますが パリ旅行記再開します。


すでに、ちょっと忘れかけていますがね…


ステンドグラスの美しい サントシャペルを見た後は 


お隣の 最高裁判所へ。

2010-7 066


ゴミ箱にも 裁判所のマークが…

2010-7 067


私はいままで 裁判所へは 入ったことが無いのですが

日本でも 普通に中まで 観光客が入って行けるものなんですかね?


すこし入って 広いロビーや 

2010-7 071

美しい 彫刻を見て 

2010-7 073

ウロウロしましたが 迷子になっても 困るので

ほどほどの所で 戻りました。


その後 またまた お隣の建物 コンシェルジュリーへ。


ここは 14世紀に フィリップ美王男(!)が建てさせた

旧王宮の門衛が いた場所 なのですが

2010-7 082


革命後には 牢獄として 使われ、

あのマリーアントワネットも ここに収容されていました。


なかは 人形で監獄を再現してあって なにやら 蝋人形館のような 不気味さ。


暗くて写真は うまく 写りませんでした~。


マリーアントワネットの部屋や 彼女の礼拝堂もあります。


実際に ここで 処刑のときを ただ待っていた人が 2600人もいたという 事実。


なんともいえない 複雑な気持ちになりました。。。



さてさて その後は 


ノートルダム大聖堂!!!

2010-7 094

観光客が ズラーっと並んでいます。 


中の様子。

2010-7 112

かなり広い。

2010-7 098

古い教会の中を見るのは 大好きです。 


ステンドグラスや 壁画や彫刻に ひとつひとつ 聖書の話や 意味が描かれていて


丁寧に見ていたら きっと 教会見学で 一日終わるでしょうね。



あと、これ ↓

2010-7 105

自分の頭を 手に持っている人。 分かりますか?

他の教会の 彫刻でも見たことあるのですが 誰なんでしょう!?


…うーん 気になる。


ではでは、次回に続きます!!



人気ブログランキングへ ←今日も応援クリックお願いします!








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。