スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フミのパート 

先週は

かなーーーり 久しぶりに ラハティ交響楽団に 

お仕事で 行ってきました。


数年間 ちょこちょこと お話は頂いていたのに

いつも タイミングが合わずに 行けなくて 悔しい思いをしていたのですが

今回 久々に 行けて 

大好きな ホルンセクションの 人たちに会えて 本当に嬉しかったです。


リハーサルに 行ってみると


IMG_2654.jpg

楽譜に 

『 フミのパート 』と 書いた 付箋が。

これを見て なんだか 妙に嬉しくて 感激しました。


お仕事に 呼んでもらえて 演奏させてもらえることが 

本当に 本当に 有り難い。涙


今 ビザのことが あまり 上手く行っていないので 

いつまで 

フィンランドで 演奏させてもらえるか 分からないなぁと思うと

尚更ね。。。


曲は 

リゲティ/ コンチェルト・ロマネスク

ラヴェル/ ピアノコンチェルト

ショスタコーヴィッチ/ 交響曲10番


なんか ボリューム満点!!!笑


相変わらず 首席奏者の人が 凄くて

『 ああ、私 この人 大好きなんだよなぁ。。。』って再確認しました。


アーティストっていうより 

ザ・仕事人って感じ。 たぶん 前もそういう事 書いた気がするけど。


いつも

『 ふみ、 上手に演奏してくれて ありがとう! 』って ニコニコ言ってくれて


いやいや、 あなたの 素晴しさは 本当 凄いです!!

とか 言うと

『 ふふふ、30年もやってるから 少しは……ね?? 』なんて



…ん、神様かな???笑 



一緒に 演奏できて 幸せでした。

人としても 憧れてるし 目標のホルン奏者の一人です。

また 行きたいなー。。。^^


IMG_2665.jpg

ラハティは フィンランドに来て 最初に住んだ町

色々な 思い入れがあります。^^



 応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
続きを読む
スポンサーサイト

冒険者たち 

いちじく 好きなんですけど

もうちょっと スーパーで 安く売ってくれないかなぁ・・・

高くて あんまり 買えないんですよね。


こんにちは。

ついに サマータイムが終わって 冬時間 というか

本来の 時間に 戻ります。

これから 日本との 時差は 7時間ですね。 


この時期になると 毎日 毎日 日が短くなるのが

よく 分かります。 いよいよだぁー!


ところで 昨日までは 

本当に 本当に キツい お仕事でした。


ゲームと 映画音楽の コンサートで

3日間で 7公演。

この手の 曲は 本当に キツいので 

正直 唇が 破れて 血が 吹き出すんじゃないかと思いましたよ。笑


でも こういうのが 仕事でやれるので 良かったと思います。

この5日間で ちょっと 成長しましたよ。^^


初日の リハーサルでは 

『 これは、 最後まで 吹ききれないんじゃないか 』っていう

不安が 凄くて 

2日目の リハーサルまでの 間に 凄く 色々考えました。


これが もし ただの 個人練習の範囲だったとしたら 

あー、 この曲 キツい。 やめた! とか

もうちょっと後で 技術が 付いたら またやってみよう、、 とか 

そういう風に ついつい 思ってしまうことも



仕事だから 絶対 やらなきゃいけない


その ギリギリに 追いつめられる

もはや 背水の陣という 状況。


ピンチは チャンスだと 言いますが そういう時にやっぱり 

人は 何かを 得ると思います。


2日間の リハーサル中に 

『 ピンチはチャンス 』

『 私には 克服できない試練は 訪れない。運がいいから。 』

という これまで通りの 台詞を 自分に 言い聞かせて


技術に 関して 必ず 改善できるところが あるはずなので

沢山 いろいろ 考えました。


結果 1日目に 出来ないかもと思っていた事が 

本番では できるように なってました。

しかも 本番を 重ねるごとに 疲れは 溜まるはずなのに

だんだん 良くなりました。


よく バトルものや スポーツマンガに

『 こいつ 試合中に 成長してやがるっ! 』という台詞が ありますが

あれって 本当にありますよ。笑

もちろん 慣れたっていうのも ありますけどね。


私は 基本的に 怠け者なので 

こういう状況に 自分が 追い込まれる事は 

本当に 必要だなって 思います。

去年の 秋も そんなこと あったなぁ。


あの時は 半泣きで お腹も 痛くしてたけど

今回は その経験を 覚えているので 前よりは 気持ちは楽だったし

というか 

はーい、 来た来た ピンチ来ましたー。(^o^)

コレを 乗り越えて 成長するよー。イエー。^^b

っていう テンションでした。 笑

ま、 内容も 去年の方が キツかったですけどね。。。


お仕事で 本番を 毎週できるっていうのは 

本当に ありがたいです。


私にとっては まだまだ ホルンって 難しいですし

正直 完全に 満足できる本番って 経験したことないです。^^;

ちょっと 成長できたと 思っても

さらに欲が出て もっともっと 上手くなりたい、ってなるし

本当に 自分が 憧れるレベルは 気が遠くなるほど 遠いですが


だから こんなに 楽しくて やめられないんだろうな。


趣味を 仕事にすると 辛くて 楽しい。

逃げられない 逃げたくない。

やめられない 止まらない。

あー 面白い!^^


画像は  今回の コンサートの プログラムから↓

1600x820sagas_5.jpg

かっこいいでしょう!!^^

この右の 冒険者は 

今回の仕事を 頑張った 自分たちだと 思いましたよ。笑


お客さんも 

ゲームとか 映画好きの 人が 来てたので 

会場の 雰囲気も いつもと違って 面白かったです。^^


さー、 また 明日からも がんばるぞ〜!



応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

不吉な予言 

体調管理って ほんと大切ですね。

今週の お仕事は

日本でも 人気の トランペット奏者

ヨウコ・ハルヤンネさんが ソリストで来る予定だったのですが

リハーサル前日に 急に キャンセル!

なにやら

首と肩を 痛めてしまった ところに 風邪まで引いて

泣きっ面に蜂状態で ドクターストップ という事でした。


フィンランド放送響の 日本公演も控えているので

早く 体調良くなって欲しいですね。 ちょっと心配です。


その代わりに トゥルクフィルの 首席フルート奏者の人が

急遽 モーツァルトの フルート協奏曲を 演奏する事になりました。

と言う訳で その曲は ホルンは 2本。


3番ホルンを やる予定だった 私は

『 わー、今週は 一曲だけだ! ソロの練習とかしよう〜! 』って

ちょっぴり 嬉しかったんですが(笑)


ホルンの 首席から 電話があり

『 フミ、ごめん 私 風邪引いたから 協奏曲もやって! 』


……そうだよねー。 なんか そんな気がしてたー。。。


その事を オケの日本人の人に 話してたら

『 ふみちゃん 協奏曲の人になってるねー! 

  でも、信頼されてるってことだよ。 

  日本人だし ちょっとの 体調不良じゃ 休まないだろうしね! 』

って 言われて


信頼って そこ〜? しかも 不吉な予言やめて下さい!!笑

とか 言ってたんですが。。。。


なりましたよ。 体調不良に。笑

ゲネプロ中に 急に お腹が痛くなって来て

その後 しばらく 家で寝てたりしたんですが 治らず。


お腹を 壊してる訳でも 気持ち悪い訳でもなく

ただただ 痛い。 しかも 胃が痛いのか その横が痛いのか

なんか 良く分からないし、 もうやだー。

って 感じでした。


予言が当たった。。。


でも 結局ステージに 上がる時まで 続いていた 痛みが

曲が 始まったとたんに ピタリと消えて

普通に 演奏できました。

というか 結構 上手く 演奏できました。笑


アドレナリンって 凄い!!!!!^^

いやー、 変な 汗かいたし 泣いちゃおっかなーって 

思ってましたが 乗り切りました。


今週は 頭の良い感じの 質の良いリハーサルで 

音楽を ポジティブに きっちり 作ってくれる 好みの指揮者だったので

せっかく 一緒に リハーサルしたんだから

本番で 絶対 一緒に やりたい!! って 思ったんです。


楽しかった! 


あと プログラムも 技術的に ちょっと チャレンジングで 

一曲目は 現代曲で 自分のパートは 

五線の下の音を フォルテで ガンガン鳴らす事が多く


その直後に モーツァルトの協奏曲で 一番ホルンなので

しょっぱなから 五線の 上を 軽やかに スタート!


一曲目で 開きまくった アパチュアを 

瞬時に キュッと閉める!! 笑


当たり前だけど 求められる 音色も 全然 違って

指揮者にも ナチュラルホルンみたいな 音で吹いて!

もっと 明るく 乾いた響きで! と言われたり 

音楽に関しても 細かく 要求もされて 

難しいけど 面白い! って感じで やりがいが ありました。


また 指揮者の 言葉で 印象的だったのは 

ちょっぴり 難しくて 目立つ 部分があるんですが

そこに なった時に ニコニコ笑顔で

『 楽しんで!!! 』って 言ってくれた事ですかね〜。

良い人や。。。

お陰で 本番でも とても良い音で 鳴りましたよ。^^



ま、 一日目の リハーサルでは 

私も 2番ホルンの メルヴィちゃんも コントロールと 意識の切り替えが

まったく 上手く 行かず

ビックリするぐらい 変な所で 音を外しまくって 凹みましたが。笑


でも やっぱり相性の良い メルヴィちゃんと一緒だったので 

本番では 腹痛も乗り越え 一番 良い演奏ができて

指揮者にも すごく 褒められました。^^


『 グレイトサウンド! グレイトワーク! 

  ファンタスティック レディース!! 』とか言われて。。


ファンタスティック レディース…!!


…私と メルヴィちゃんの ユニット名にしましょうかね。。笑


ラジオ放送も 入ってたので ちゃんと演奏したかったんですよね〜。

あはは。笑


ま、 急な プログラム変更から 体調不良まで

ちょこちょこと ハプニングがありましたが

最終的には いつも通り 結果オーライなので

私って 

つくづく ラッキーというか 運がいいなぁって 再確認しました。^^

どうもありがとうございます。


CP2dl9yWgAEjAXo.jpg

昨日 腹痛だった事は 忘れて 今夜はパーティ!

来週の お仕事は 誰も 体調不良に なりませんように〜!!!




応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

動画で青空フィンランディア 

前髪 切るの 失敗した〜〜!!


どうも 

もう すーぱーふみふみ って 名乗るの

どうなんだろう、と 思い始めた 

すーぱーふみふみ です。

10年以上前の あだ名ですからね。。。笑

なんだか もう 恥ずかしい。^^;


それにしても 前髪 切りすぎた。

どうせ すぐに 伸びるから 良いんですけどね。

摂取している 栄養が 全部 髪に行っているんじゃないかってくらい

健康毛で めちゃくちゃ 伸びるのが 速いです。

そういえば 去年の年末に ショートにしたはずなのに

今はもう 鎖骨くらいまで 伸びてます。


扱いが 楽なので 毛先は いつもパーマかけてるんですが

本当は 驚くほど一直線の 黒髪ストレートなので


母が 昔から

『 平安時代だったら 良かったのに…… 』って 言ってます。


平安時代なら モテモテで もう お嫁にいっていたでしょうね。。

えぇ。。 ええ。 分かりますよ。


高校の時は 黒髪 パッツンの ボブだったので

『 クレオパトラに似てる! 』って よく言われたんですが


それって、 髪型 だけだよね。

だれも クレオパトラ 見たことないよね。

っていうか、 絶対 こんな 和風じゃないからね。って

突っ込むのに 忙しかったです。

ま、人の 印象の 80%は 髪型で 決まるらしいですからね。


さて、 髪の話は 置いといて

5月に 野外で フィンランディアを 演奏したのですが

その時の 映像が かっこ良く 編集されて YouTubeに 上がったので

紹介します。



合唱付きの フィンランディア。

本当に良い曲です。

美しく 力強く ちょっと悲しく 勇気が出るような

いろんな 思いが 12分間ちょっとの 間に 沸き上がります。


吹き飛ばされそうな 強風の中で

ガチガチ 震えながら 光は 眩しいし

結構 大変な 思いで 演奏しましたが 良い記念になりました。

楽しかったです!!^^


IMG_1478.jpg

是非 見てみて下さいね〜!! 



応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スター☆ 

体調管理は 大事ですね。

最近 なぜか 全然 ちゃんと 寝られないのですが 

この前 夜 サウナに入ったら いつもより ゆっくり寝られました。

やっぱり 血流が良くなって 筋肉がほぐれるからかなぁ。


ところで コンサートの日 

朝の ゲネプロで シベリウスのヴァイオリン協奏曲の 時に 

今回 エキストラで来ていた ホルンの人が 


『 う! 気持ち悪い!! 』って 言って

いきなり いなくなっちゃって 大変でした。


若い男の子が 1アシで 来ていたので 

その子が 急遽 2番ホルンに 移動。

私は 1番ホルンだったんですが 

『 2楽章 キツいけど 今回は アシいるから 良かったわー。 』って

思っていたのに 


結局 アシ無しで リハーサル続行。。。

なんということでしょう。


アシ無しでも まぁ 大丈夫なんですが

プログラムの 他の曲が 結構 キツかったのもあって

首席の人も アシ付けたいって 事で 来てもらっていたので


みんな ああああああああ・・・・・・

って 感じでした。笑


結局 コンサートでは その エキストラの人が 

演奏不可能ということで 

降り番だった 人が 急遽 本番だけ来て アシしてくれました。


アシから 2番ホルンに 移動になっちゃった子も 

1曲は 本番での 大初見大会 みたいになって

可哀想でした。

急病になっちゃった人も 可哀想だし。


なんだか てんやわんや でしたが

まぁ、 本番パワーといいますか みんなで 頑張ろう!

みたいな 気持ちで なんとか 上手く行ったと思います。^^


ホルンセクションは そんな感じで バタバタしておりましたが

今回の ソリストだった サラ・チャンさん は 凄かった。


ああいうのを 本物のスター!! って 言うんだなぁ、って知りました。


よくあるけど 舞台では 大きく見えるけど 

本当は 本人は 小柄。

独特の オーラがあって セクシーで 感じが良くて


彼女が ニコって 笑うと

こっちも 

ハアァーーーーー:*.;".*・;・^;・・("▽"*) ^・;・*.";.*: ン♪

ってなる様な チャーミングさで 素敵すぎました。


もう

演奏技術うんぬん 音楽うんぬん とは また 別次元の

カリスマというか 彼女の ワールドが 繰り広げられておりました。

本物の スターですね。


会場でしか 味わえない あの感じ。

やっぱり 生演奏には 意味があると 感じた瞬間でした。


クールな フィンランド人が 2日間とも スタンディングオベーション!

会場の 空気を 彼女がいかに 支配していたかが 分かりました。


私も 一緒に 演奏できて 本当に嬉しかった。

2楽章の 美しい 音楽で

彼女の 演奏を 聴きながら 自分の音を 重ねていけたことに

今 思い出しでも ちょっと ゾクゾクする 感じがします。 


コンサートの日

朝 起きる時に 胸が 苦しいくらい 緊張してたんですが (笑)

2日間とも 今現在の 自分の精一杯は できたんじゃないかな。

…たぶんね。

とっても 良い経験でした。

IMG_1363.jpg

また 頑張るぞー!!^^



応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。